テレビや雑誌等で紹介されている運動療法は、痛みの時期や原因に
合わせたものではありません。
時期や原因を間違えると、痛みが悪化したり、長期化したり、なかなか
効果が出ないことがあります。

痛みの時期
急性の痛み
(鋭痛、ズキズキした痛みなど)
↓↓↓
慢性的な痛み
(鈍痛、動かすと痛いなど)
↓↓↓

患部の治療

・物理療法
・コルセット、サポーター、テーピングなどによる固定・安静
・日常生活指導
・血流促進による修復の促し
・拘縮や筋力低下の予防

痛みの原因への治療

・血流促進
・関節拘縮(筋肉の柔軟性)の改善
・筋力の強化
・良い姿勢、良い動作の学習
・日常生活指導

足立区綾瀬の整形外科
あやせ慶友整形外科