≪整形外科にご相談、8つのチェック項目≫

—————————–

□肩が痛い、あがらない
□首が痛い
□腰・背中が痛い
□肘が痛い
□股関節が痛い
□手が痛い、しびれる
□足が痛い、しびれる
□ひざが痛い

—————————–

整形外科

いかがでしょうか。
よく

「ただの肩こりでも医者にかかっていいのでしょうか?」

という質問をいただきます。

肩こりは単なる病気ではありません。
肩こりがひどくなると、頭痛やめまい、睡眠障害、吐き気など、「肩こりが原因による他の症状」が出てきます。
「肩こりくらい」と思わず、少しでも不安があれば医者にご相談ください。

整形外科と形成外科はどう違うのですか?

確かにわかりにくいですね。
整形外科は「主に身体の運動に関する治療を行う」ものです。
一方
形成外科は「怪我やヤケド、皮膚の病変や若返り手術など身体の表面・カタチの治療」
となります。

よって、骨や関節(打撲・骨折)、筋肉、捻挫、靭帯、腰痛、肩こりなどは整形外科へご相談くださいませ。

整形外科と接骨院はどう違うのですか?

整形外科は 『医者』 です。
接骨院の先生の資格は『柔道整復師』という国家資格です。

医師は「レントゲン検査」「手術」「投薬」などが行えますが
柔道整復師はそれらを行うことができません。

 

まとめ

整形外科では手足、関節、背骨の病気や怪我による痛み、機能障害、変形などによって生じる苦痛や日常生活の不自由さを改善するための治療が中心となります。骨折、脱臼、捻挫、打撲、外傷、スポーツ外傷、交通事故、仕事中のけが、腰痛、椎間板ヘルニア、神経痛、手足のしびれ、首の痛み、五十肩、 ひじや膝などの関節痛、骨粗鬆症、痛風、関節リウマチなどを専門的に治療します。

 

足立区綾瀬の整形外科
あやせ慶友整形外科