menu

あやせ慶友整形外科

btn_rou btn_kou btn_sei

“背骨の柔軟性”と“踏み返す力” | 足立区綾瀬の整形外科

◆“背骨の柔軟性”の大切さ

背骨は周囲の筋肉によって支えられることにより、通常S字にカーブしています。
この筋肉に支えられたS字構造により、

①力を効率良く伝える
②衝撃をうまく吸収する
③バランスを良くする
④十分な血液を全身に送る

ことが可能となります。

しかし、長年の習慣(使い方の癖)や生活環境などによって柔軟性や筋力が低下すると、S字構造は崩れてしまいます。
バネのようであった背骨が固い棒状の構造に変わってしまい、本来の働きを失うことによって、首・肩・腰・膝などの痛みや血流不全などを招くことが少なくありません。

背筋

 

◆“踏み返す力”の大切さ

踏み返す力とは、体幹(腹筋・背筋)と下肢(脚)の筋力を合わせた、身体をしっかりと支えるための力です。
また踏み返すためには、体重がかかった(力が加わった)ことに反応して瞬発的に力が入ることも大切です。

30歳を過ぎると筋量は減少し始めると言われます。
神経の伝達も血流不全や神経損傷、また使用頻度の低下によって徐々に悪化してきます。

物を持ち上げる、立ち上がる、階段の昇り降りなどを痛みなく行うためには、

①基礎筋力
②瞬発的な反応

を改善していくことがとても大切です。

2本の柱

2本の柱で慢性的な痛みを根本から治療します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Contents

menu01menu02menu02menu03menu04menu05menu06menu07menu09menu09

最新のお知らせ

最新ブログ一覧