menu

あやせ慶友整形外科

btn_rou btn_kou btn_sei

クリニック紹介

あやせ慶友整形外科スタッフ

当院は、整形外科リハビリテーション科がございます。膝や腰の痛みを少しでも和らげ、患者さんの目線にたった医療を心がけてまいります。

 

院長ごあいさつ

院長整形外科に訪れる方のほとんどが痛みの治療にあります。
当院にも、数か月前から痛い、数年前から痛いという方が数多く来院されます。

痛みには、原因があります。
なぜ痛みが治らないのか…
それは原因に対する治療を行っていないからです。
言い換えると、原因を特定しないままに対症的な治療しか行っていないからです。

痛みの治療には、まず原因を特定していくことが大切であり、そのためにはレントゲン(場合によってはCT、MRIなど)、血液検査、注射、そして専門家の知識と経験が必要です。

私は大学医学部を卒業後、整形外科医として20年間、診療に従事してまいりました。その間、大学病院や関連病院で臨床経験を積み重ね、小児から高齢の方、スポーツ選手も含め、手術やリハビリをとおして治療してきた実績があります。
また当院には、上肢、脊柱、股関節、膝関節の専門医が勤務しており、より専門的な対応が可能であります。
さらに、複雑に絡み合った痛みの原因を諦めることなく紐解き、根治を目指す理学療法士を中心とするスタッフが在籍します。

「治すためにはどうすればいいか」を患者さんと共に考え、実践し、良い結果を共に喜びたいと願う、明るく誠実なスタッフがサポートいたします。
どうぞ一度、ご来院ください。
よろしくお願いいたします。

院長 今本 雅彦

入口<院長略歴>
昭和62年 
慶應義塾大学医学部卒業
慶應義塾大学病院
ならびに関連病院で研修
川崎市立井田病院
都立大久保病院
国立埼玉病院
済生会中央病院の副医長・医長を歴任

<資格>
・日本整形外科学会認定 整形外科専門医

<紹介先病院>(50音順) 
永寿総合病院江戸川病院慶應義塾大学病院  ・新東京病院順天堂病院済生会中央病院東大病院東京医科歯科大学病院日本医大病院

クリニック紹介2

 

痛みは体からのサイン。見逃さないように!

ひざひざの痛みに悩んで整形外科を受診される方は、非常に多くいらっしゃいます。
ひざの痛みは急に出てくるわけではありません。ひざに負担のかかる生活習慣を何十年も続けていたり、加齢によってひざ関節を守る軟骨がすり減ったり、ひざ関節を支える筋力が低下したりなど、さまざまな原因で痛みが生じてきます。

まず最初に出てくるのは、立ち上がる時、歩き始める時など動き始めに痛みを感じる「スタートペイン(動作開始痛)」です。
最初はちょっとした痛みでも、そのまま放置すると痛みが強くなったり、ひどくなって日常生活に支障をきたすこともあります。ひざの痛みはひざ関節からのSOSサインです。見逃さないようにしましょう。

●あなたのひざの痛みはどのタイプですか?

1.動き始めに痛い
立ち上がる時、歩き始める時などにひざが痛みます。動作開始痛(スタートペイン)。変形性関節症の初期症状。早めに専門医を受診しましょう

2.動いている時に痛い
走ると痛い、少し歩く時だけでも痛いなど、痛みの程度や内容は異なります。歩くだけで痛みを感じる人ほど重症。階段の昇り降り、走る時に痛い人も1に比べると状態が悪化しています

3.じっとしていても痛い
動作にともなって生じる痛みは、安静にしているとなくなるか軽くなります。安静時にも痛みがある場合はかなり重症です。変形性関節症以外に痛風や関節リウマチなども疑われます。

まずは、自分の身体を知るところから始めていきましょう!

整形外科01

あやせ慶友整形外科

dfbanner_300

Contents

menu01 menu02 menu03 menu04 menu05 menu06 menu07 menu09 menu09

最新のお知らせ

最新ブログ一覧